Color Presents カラープレゼンツ|オフィシャルサイト

Color Presents ADVANCEカラーセラピー本部

埼玉県入間市豊岡1-3-5 ワンジェイビル4F
(旧ウォームビル)

  • facebook
  • アメブロ

健康 - からだと色との関係は? -

からだと色には、密接なつながりが!

img

太陽にはさまざまな色が含まれていることは、を見ると分かります。
満遍なく色を取り入れるのが健康の秘訣とも言われています。
これは日光浴が良いとされてきたことにもあてはまります。
(現在は、紫外線の問題などもあり過度の日光浴は勧められていませんが…。)

『黒』は光をシャットアウトしますので、
ビタミンD(骨のビタミン)が生成されにくくなるとも言われています。

今回は、からだの部分と色とを対応させた内容です。
調子がすぐれない時は、その部分の色を取り入れてみるのも手です。
ただし薬ではないので、即効性はありません。医療機関へもきちんと行ってくださいね。

各色は、イメージカラーを使用しています。
また、諸説がある、からだは全てつながっているというようなことから
同じ場所でも異なる色が使われる場合もあります。
ご参考程度にお考えください。
  • img
    青紫

    主に頭のあたりをさす。

    不眠症、目、耳、鼻
    内分泌腺のホルモンコントロール、神経痛、腎臓、神経過敏
    脳、感覚気管

    目に良いとされる「ブルーベリー」はこの色ですね。
  • img

    主にのどのあたりをさす。

    甲状腺、首、新陳代謝、体の平衡、のど、口、歯、気管支、日焼け

    冷たさを感じる「青」は日焼けのほてりを緩和させそうですね。
  • img

    主に心臓のあたりをさす。

    心臓、肺、血液循環、高(低)血圧、不整脈、細胞の問題(ガン、腫瘍)、気管支、免疫力
  • img

    主に胃のあたり。

    胃、肝臓、膵臓、副腎、自律神経系、消化器系、リュウマチ、関節炎、神経症、糖尿病
  • img
    オレンジ

    主に腸のあたり。

    大腸、小腸、ひ臓、腎臓、副腎、腰部、消化・吸収作用、感染症、便秘
  • img

    主に生殖器~足のあたり。

    尾骨、生殖腺、血液の循環、貧血性、循環器不能、高(低)血圧、体力、体温上昇

    「赤ぱんつ療法」を覚えていますか?
  • img
    ローズ(ピンク)

    主にホルモン系。

    内分泌腺、交換神経系、偏頭痛、婦人科系、生殖器

    若返りの色!なんて言われています。
まとめ

「暖色系は、食欲を増す」というのは交感神経を働かせるということがありますが、
オレンジがお腹に通じるということを考えると、またつながりがあって、おもしろいですね。
逆にダイエットに向く色は寒色系とされています。

色だけにたよることは出来ませんが、生活の中に上手に取り入れていきたいですね。
体験者様の感想
昔から日光浴が大事と言われていた意味が分かる気がしました。
いろいろな色を楽しみたいと思います。
Free
Top > Free > カラーコーディネートセミナー > 健康 - からだと色との関係は? -
facebook
facebook
Blog
Blog
Blog
友だち追加