Color Presents カラープレゼンツ|オフィシャルサイト

Color Presents ADVANCEカラーセラピー本部

埼玉県入間市豊岡1-3-5 ワンジェイビル4F
(旧ウォームビル)

  • facebook
  • アメブロ

目の周りを鍛えるには? - 黒目編 -

目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えると大変!

目の周りの筋肉が衰えると、眼病につながることも…。
そして、目に力がなくなる…これも筋力の衰えも原因の1つ。

そのことにより、意志が上手くつたわらないといったコミュニケーション不足にも。
プライベートはもちろん、ビジネス、面接の場面でも大変重要なポイントです。
うつろな目では、自信のなさが伝わってしまうことも…。
目が大きいからといっても、力がある目とは限りません。
小さい目でも眼力を出すことは出来ます。

目は開いていれば良い、ということではなく日頃から目の動きに意識をしてみましょう。
目の力がなくなると、おでこで目を開けようとするのでおでこのしわの原因や
目が閉じれなく半開きの状態にもなります。
(これは、がんばりすぎの人に多いようです。)

その他の表情筋トレーニング(フェイスストレッチング)はこちらです。
目のチェックをしてみよう!
簡単!トレーニングしてみよう!

黒目を矢印の方向に動かしてみましょう。
意識して自分で号令をかけながら動かしてみましょう。「上、真ん中、下」という具合に…。
黒目を上に向けた時に痛い場合は、まぶたを開ける筋肉が弱っている可能性もあります。

あまり回しすぎると目が回ってしまうこともありますので、ご注意を。
トレーニングは自分が心地良い範囲で行ないましょう。
毎日、無理をしないように続けてみましょう!

img
まとめ

目がすっきりしましたか?
目が開きずらい時に、黒目を1度上に向けておくだけでも「目の開き方ってこうなのね~」というのを
再確認できると思います。
目はおでこではなく、目(まぶた)を意識して開ける!
これが意志のある目につながる第一歩です。

img

表情筋トレーニングを続けた効果!
プロフィール写真を変えたところ、8年前よりも若返ったと『いいね!』の嵐です!
体験者様の感想
目を開ける時におでこを動かしがちでしたが、まぶたを意識して動かすと目もすっきりする事が分かりました!
Free
Top > Free > 表情筋トレーニング > 目の周りを鍛えるには? - 黒目編 -
facebook
facebook
Blog
Blog
Blog
友だち追加